フィラリア予防薬のような猫の薬も自宅から購入しよう!

購入するのに便利!

二色の錠剤

猫の薬や犬の薬などの獣医師の指示が絶対な薬も必要になる場合があるでしょう。いつでも病院へ行くことができる人ならいいですが、あまり病院へ行く時間を作ることができないという人でも購入できるサイトをここでは紹介します!

通販で買えるもの!

処方された薬

個人輸入代行を利用すると、とても便利に物を購入することができますが、実際にはどのようなものを購入することができるのか、利用したことのない人にとっては謎ですよね。ここでは個人輸入代行で購入できるものを紹介します!

何よりも安い!

沢山の白いカプセル

フィラリア予防薬などの猫の薬などは、病院で購入すると高いですよね。個人輸入代行を利用すると通常よりも安く入手することも可能になります。ここでは安く入手できる理由について紹介していきます!

猫でもフィラリア症になる

コップに入った水と薬

フィラリア症は、ワンちゃんに多い病気だと思われがちですが、実はニャンコさんにも罹ってしまいます。猫の飼育は、室内の人も居ますが、基本放し飼いだという人も多いのではないでしょうか。フィラリア症に感染しまった際に、ワンちゃんよりもニャンコさんのほうが危険性が高いということをまずは知っておきましょう。
フィラリアは、心臓や肺動脈を最終的な住処にするのですが、ワンちゃんに比べるとニャンコさんの臓器は非常に小さいです。そのため、侵入した寄生虫の数が少なくても、重症化することが多いと言われています。
ワンちゃんよりもニャンコさんの方が危険性が高いといわれているのはその為です。フィラリア症に罹ってしまった場合、ワンコと同様に、咳や息切れ、突然の嘔吐などが起こります。あるいは、突然死してしまう場合もあることを覚えておいてください。
ニャンコさんの体内へ侵入する寄生虫の数は少なく、5カ月未満の際に検査をした場合、もし体内に寄生虫がいたとしても、居ないと誤認してしまう可能性があります。血液検査をしても、見つかる確率はとても低く、色々な総合的な検査をしないとしっかり見つけることができないため、一度の検診で行われる検査はたくさんあります。
ワンコに比べると小さいカラダのニャンコさんは、発見が遅れ、最終段階、心臓に寄生虫がたまっている状態に達していても、手術の難易度がとても高く、非常に難しいでしょう。
ニャンコさんへのフィラリア感染は少ないと言われていますが、感染してしまうととても危険です。
フィラリアは予防することができるので、予防薬を使ってしかり予防してあげましょう。猫の薬の種類もたくさんあるので、ニャンコさんに合う薬を選ぶようにしましょう!

コンテンツ一覧

瓶からこぼれた薬

「フィラリア予防薬のような猫の薬も自宅から購入しよう!」のコンテンツ一覧です。